「エステティックの痩身法」と「その他の痩身法」の違いは、

 

     痩せるだけではなく「綺麗になれる」こと。

 

20歳代からのボディケア「 Salon ・do ・revive リバイブ」

高価なマシンに頼らないハンドテクニックと、人としてエステティシャンとしての「人間力」がお客様の「頑張り続ける気持ち」を最大にサポートします。

日本エステティック協会のプレミアムサロンとして登録されています。

南河内地域全市町村で当サロンのみ、日本エステティック協会のプレミアムサロンに認定されています。

 当サロンがプレミアムサロンに認定をされているのは、実績35年の店長が、7種類のディプロマ(日本エステティック協会より発行される技術修得証明書や業績証明書及び、1988年CIDESCO NIPPONライセンス)を取得、さらに、Ajesthe認定衛生管理者資格を所持し、技術・サービス・価格等において、日本エステティック協会が保障し認定を受けているからです。

 

*河内長野市をはじめ大阪府下には当サロン出身の認定エステティシャンが多数活躍しています。

  日本エステティック協会認定プレミアムサロンです。

  日本エステティック協会プレミアムサロン証です。

アジアンリゾート空間の Salon・de・Revive へようこそ

        高級エステより上質エステを目指す。いつまでもキレイでいるために。

 

 美容部のコンセプト

 

美容部のエステティックの歴史は古く、35年前から美容痩身に携わってきました。

当サロンはもともと「高級」な価格設定ではなく、「上質」にこだわったサロンを基本としており、マッサージオイルなどは原産地に行き、自らで確かめたクオリティの高いものを使用しています。

 

今だけの美しさでいいのならお金を惜しみなく使えば手に入れることができるでしょう。しかし、いつまでも、何歳になっても「キレイな方ですね」と言われる女性になりたいものです。当サロンは厚生労働省が提唱しているロコモティブシンドローム対策を取り入れ、「いつまでも健康的に美しく」を作り上げることを目指しています。そのために長年、変わりなく上質なサービスを提供できるサロンであるには、まず、真のエステティシャンである事と、質を落とさない「上質エステ」を心がける考え方が必要だと思っています。