マッサージをしたい時は「あん摩マッサージ指圧師」の居てる治療院に。

打撲や脱臼・捻挫の治療は「柔道整復師」の居てる整骨院や接骨院に。

 

 整体(骨盤矯正・骨格調整・歪みの改善など)をしたい時は、

     整体実績が一番長い「整体院にお任せ下さい。」

 

 

 

施術院を間違うと症状が悪化することも!

健康保険治療と自費施術(整体)

普通ではない筋肉・骨格の不調を感じた場合、すぐに民間の整体院には行かないでください。

まずは確実な診断を受けるために整形外科のある総合病院、もしくは整形外科医院に行き、検査を受けて下さい。不調が何からおきているのか? ただストレスの一言で片付けるのではなく、自分に関する情報を確実に知ることが重要です。

検査(MRIやCT検査など)では異常が出ないような症状(不定愁訴)で、急性期が過ぎた段階に入ってはじめて民間の整体院に行くことをおすすめします。

何故かというと、肩こりや腰痛でも大病が隠れている場合があります。診断は医師以外は出来ないので、病院での検査は重要です。

 

ここ数年は、健康保険治療と自費施術(整体)を中間的に使う治療院(整骨院や鍼灸整骨院など)が非常に増えてきました。

保険適応症状に対する治療に、健康保険のきかない自費施術を追加した形になります。

具体的には、健康保険を使える治療院(整骨院や鍼灸整骨院など)による不正請求(来院回数の水増しや、適応症状以外の治療分の請求)に関するチェックが厳しくなり、保険適応治療の収入が大幅に減ってしまった為、生き残りをかけて減ってしまった保険収入を補う目的もあり、自費施術(整体)を取り入れていると思われます。

 

 しかし、健康保険治療を行って来た治療院が、急に自費施術の『整体や骨盤矯正など』を取り入れた場合は注意が必要です。

長年、健康保険治療をやっていても、今まで使ってこなかった整体技術は、経験が短ければ、複雑な筋・骨格の状態に対応する「症例実績数」に差が出ます。

健康保険治療では対応が難しい、検査に出てこない症状(不定愁訴など)が無数に有るからです。

勘違いしてはいけないことは、「整骨院などでする整体施術は国家資格で定められた健康保険適応施術の範囲では無い」ということ。だから健康保険が使えないのです。「国家資格所有者が整体をするので安心」という治療院がありますが、自費施術の整体(骨盤矯正や骨格調整など)に限り、国家資格は関係なく、整体師がする施術と同じ民間療法なのです。同じ民間療法なら整体療法養成専門学院で何年間も勉強し、手技の技術のみの施術を何十年も磨いている整体院の施術を選ぶことをお勧めします。

健康保険が使えるから安心とか、使えないから不安ではなく、大切なことは、整体を希望しているのでしたら、どこに行くのかを慎重に判断して選ぶ必要があるということです。

 

 

 

整体院は「安さ」よりも「良くなること」を第一に考えている。

     整体施術は保険適用をできないことが、魅力の1つです。

 

健康保険を適用できないことがどうして整体の魅力の1つかと言いますと、医療や治療の分野で最も患者さんから求められている事が、「安さ」ではなく「良くなること」だからです。

保険を使った治療のメリットは「安さ」ですが、安さは治療にかける時間や、何かしらのサービスを犠牲にしているという裏返しでもあります。

保険診療ができない、自費施術だけで長年間経営を続けて行くには、最大に必要とされる技術力は勿論、一人の方に概ね60分する施術を何人もこなす体力やサービス精神も必要とされます。健康保険治療院以上の魅力や、一つ上を行く能力を身に着けている必要があります。

悪質な整体院やマッサージ店にも要注意!

整体の施術は整形外科医院や整骨院・接骨院などの治療とは根本的に異なるので、病院では対応が難しい症状(検査では見つからない不定愁訴や、骨格の歪みやズレ・骨盤の開きなど)でも、整体が効果的な場合も少なくありません。

健康保険は使えませんが、整形外科や整骨院・接骨院などの治療で改善しない症状に関しても、あきらめる前に効果を試してみる価値は充分にあります。

 

しかし、注意しなければいけないことは、整体院でも『経営重視』の所は有りますし、施術経験が少ない、技術の低い所を選んでしまえば、長い時間と費用をかけた整体施術を行っても、一向に改善せず悪化する事も少なくありません。

素人のアルバイトを多用する、少し悪徳な整体院が増えているのも現状で、選び方を間違ってしまうと逆効果になります。

実際に、治療業界の人にしか分からない悪徳な整体院もまぎれ込んでいますので、整体院を選ぶ際は、慎重に選ぶ必要があります。

十分ご注意して下さい。